ベルタ葉酸サプリを妊娠中期からおすすめする理由とは?

葉酸サプリというと、妊活中や妊娠初期に必要に感じるかもしれません。実際に妊娠1か月前から妊娠3か月までの一日の摂取は400μmを推奨していますが、これをつわりで苦しい時期に摂取するのは難しくなっています。よって厚生労働省もこの時期はサプリでの摂取を勧めています。このように妊娠初期の胎児の成長に欠かせない葉酸サプリですが、ベルタ葉酸サプリは妊娠中期の摂取もおすすめです。その理由は妊娠中期から不足しがちな鉄分やカルシウムが配合されているからです。

 

ベルタ葉酸サプリに配合されている成分

ベルタの葉酸サプリには、400μmの葉酸はもちろん、他にも様々な成分が配合されています。鉄分は16mg、カルシウムは232mg配合されており、これらは妊娠中期に不足しがちな栄養素になります。特に鉄分は妊娠中期には通常時の2倍の摂取が推奨されています。

 

加えて、妊娠中期から後期にかけては胎児が急速に成長する時期になります。よって母体は自分の栄養に加えて、胎盤から胎児に必要な栄養をおくります。このとき、赤ちゃんに優先的に栄養が回るようになるため、母体に十分に栄養が行き渡らなくなる可能性があります。

 

実際に妊娠中期以降は立ちくらみやめまいといった貧血症状や、骨密度が低下することによる骨粗しょう症などの発症リスクが上がります。これにより、予期せぬ転倒やケガをしてしまう場合があるため、積極的な摂取が求められます。

 

鉄分とカルシウムの摂取方法

鉄分は小松菜やレバー、カルシウムは牛乳や小魚に豊富に含まれているため、バランスの良い食事から摂取することが一番です。けれども妊娠中は通常時と比べて、2倍近い摂取が推奨されています。これをすべて食品からとることは難しいため、サプリでの摂取がおすすめです。

 

ベルタの葉酸サプリは妊娠中期以降に必須とされる鉄分やカルシウムを効果的に摂取できるだけなく、27種類のビタミンやミネラルや、女性にうれしい美容成分まで配合されています。また口にしたものは胎盤を経由して、すべて胎児に影響が出るため無添加という点も魅力です。

 

このようにベルタ葉酸サプリは、名称になっている葉酸だけでなく、妊娠中の女性に必要な様々な栄養素を一度でとれる商品となっています。